イラスト

ご来院の際は、まずお電話ください。

救急診療ホットライン

03-5760-1212

診療時間 PM8:00〜AM6:00

※夜間、間違い電話にはくれぐれもご注意ください。
※アクセスマップはこちら

TRVA 夜間救急動物医療センターについて。

TRVA 夜間救急動物医療センターは、東京都の中央区、港区、渋谷区、品川区、大田区、目黒区、世田谷区、杉並区で活動する42の動物病院が共同で運営している、動物向けの医療施設です。

所在地:158-0081 東京都世田谷区深沢8-19-12 泉美ビル2F・駐車場完備(地図はこちら
国道246号線(玉川通り)沿いにあり、世田谷区、目黒区、品川区、大田区、港区、渋谷区などの東京城南地区をはじめ、杉並区、新宿区、調布市、狛江市、川崎市周辺からもアクセス可能です。

緊急の処置や治療が必要と思われる場合に対応します。

・嘔吐や下痢がはじまった・止まらない
・交通事故や転落事故
・ケイレン発作
・竹串や針など、異物を飲み込んだ
・腹部が異常にふくらんだ
・目やに、充血がひどくなった
・鼻出血が止まらない
・立てない、歩くのにふらふらしはじめた
・呼吸が苦しそう・荒い

・・・その他、動物が緊急を要すると思われる諸症状

TRVA 夜間救急動物医療センターで行うのは、あくまでも救急処置です。

TRVA 夜間救急動物医療センターの役割は、皆様が普段ご利用なさっている動物病院の診療時間以外の時間帯をカバーすることです。
したがって、当院は動物の救急処置だけを行います。

各種検査に基づき、飼い主様のご同意のもと、動物の救急診療を行います。

救急診療という性格上、診療にあたっては動物の健康状況や容態を確かめるために、まず必要と思われる各種検査を行います。このため、診療に時間がかかる場合もありますが、ご理解とご協力をお願いします。
また、普段からの動物病院への通院状況、投薬状況なども飼い主様からおうかがいします。それら情報と検査結果と合わせ、当院の医師が総合的な診療方針をご提案します。
最終的に、飼い主様のご同意を得た上で、救急診療を開始します。

TRVAでの診療後は、必ずかかりつけの病院を再受診してください。

TRVA 夜間救急動物医療センターでの救急処置だけで、動物の健康状態が改善するわけではありません。当院での診療後は、必ず、かかりつけの動物病院を受診し、主治医の指示に従ってください。

かかりつけの動物病院への連携について

・TRVA会員の病院の場合
TRVA 夜間救急動物医療センターからカルテを直接、該当する動物病院まで送付しますので、
次回の受診時、動物の症状や状況を主治医は把握できています。

・TRVA会員以外の病院の場合
診療後、カルテをお渡ししますので、動物病院の主治医にお渡しください。

「TRVA」についてはこちらをご覧ください。

ご来院の際、現在服用されているお薬などをご持参ください。

必ずご持参いただきたいもの

・かかりつけの病院の診察カード
・クレジットカード
 診療料金は防犯上の理由から
 クレジットカードでのお支払いをお願いしています。
 ご利用できるカード:DC / VISA / MasterCard / Diners / JCB / AMEX
・飼い主様の身分証明となるもの
 免許証、保険証など

できればご持参いただきたいもの

・現在服用されているお薬
・血液検査、尿検査などの検査結果
・便、尿、吐しゃ物など、診療の参考となるもの
・竹串や針などの異物を飲み込んだ場合、その異物と同じ物

診療料金は、一括お支払いでお願いします。

TRVA 夜間救急動物医療センターは夜間の診療を専門とする施設ですので、多くの検査を必要とする事があります。下記の料金をご参考にしていただき、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。
診療料金は、診療後クレジットカードによる一括払いをお願いしています。

※ご利用できるカード:DC / VISA / MasterCard / Diners / JCB / AMEX

内科的処置で終わる診療では、診察料・検査料・注射や処置などの総合計が平均3〜4万円ほどになっています。外科手術が必要な場合は犬の場合、小型犬で15〜25万円、大型犬で20〜40万円前後になることが予想されます。

夜間診察料:8,400円(税込)診療の際、必ずかかります。